七五三の衣装で迷わないために知っておくこと

七五三のお祝いとは?

子供の成長の節目の「七五三」。そもそも、どのような行事なのでしょうか?七五三は、昔から宮中や公家の間で行われていた行事で、江戸時代に全国へ広まり、明治時代に現在の形になったと言われています。子供が無事に成長したことの喜びと、これからの長寿を願い、その土地の神様にお参りするのがしきたりとされています。もともとは男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の数え年で行われていましたが、現在では満年齢で行う方も増えてきました。

七五三には何を着ればいいの?

七五三の3歳の女の子は、背中に縫い目のない「三つ身」という着物に兵児帯を結び、ベストのような「被布(ひふ)」を上に重ねて着るのが一般的です。7歳の女の子は、本裁ちの着物に丸帯を使い始める「帯解き」の儀式が由来とされています。七五三の時は「四つ身」の着物で志古貴を帯下に結びます。扇子を胸元に入れ、筥迫という小物入れを持ちます。男の子は、初めて袴を着用する「袴着」という儀式の由来通り、紋付に羽織、袴を着用し、雪駄を履き、扇子と刀を身につけます。

それぞれの家庭に合わせて選ぶ

七五三は男女とも和装で行うのが一般的ですが、スーツやワンピース、ドレスなどの洋装でもかまいません。特に女の子のように3歳と7歳で着るものが違うということもありません。最近は七五三のレンタル衣装も増えてきて、豊富なデザインやブランドの衣装など、彩も鮮やかで和装でもレースをあしらったものなど多様な種類の衣装が用意されています。大切なお子さんの節目である七五三は、ご両親も一緒におしゃれを楽しんで祝ってあげたいですね。

七五三は子どもの成長をお祝いする日です。神社や寺に参拝した後は七五三のレストランを予約しておき、祖父母や親戚などと一緒に食事をしましょう。子どもの成長を見せることができる良い場となります。