最適な保険ってどれ?猫に最適なペット保険の選び方。

猫の飼い方を再チェック、かかりやすい病気とは

ちょっと気分屋で自由気ままの振る舞いは猫が好きな飼い主にとっては魅力的なポイントです。そのため、自由な飼い方として、外へ一匹で自由に行かせているという家庭も少なくありません。猫はその飼い方によって、かかりやすい病気やケガのリスクなどが大きく違ってきます。外に出かける猫は、他の猫との接触やダニやノミを介して、寄生虫や猫後天性免疫不全症候群といった病気にかかりやすく、事故や喧嘩によるケガのリスクも高くなってしまいます。

室内飼いなら保険は不要?

室内で飼っていれば病気やケガのリスクはないのかといえば、そうではありません。猫はあまり水分をとらない動物としての性質上、結石を発生させやすいです。また膵臓機能が弱いことによって膵臓炎のリスクが高い動物でもあります。膵臓が不全を起こして糖尿病をおこした場合には、人と同じようにインスリンを定期的に注射しなければなりません。また、きれい好きで小まめにグルーミングを行うことで、毛玉をためてしまうことも猫に負担をかけます。毛玉の排出ができないことによって毛球症をおこしてしまい、外科手術が必要となることも少なくないからです。

猫を飼う人に向いた保険とは

このように猫を飼うには複数の病気の危険性があることを知っておく必要があります。手術費用は1回で数十万円からのお金がかかります。そのため、保険に加入する際には何割程度を保険で負担してもらえるなら満足な治療を行えるのかを念頭においてプランを決定するとよいでしょう。治療の指針も猫の性格によって変わってくることがあります。通院の方がいいのか入院のみのプランの方がいいのかを決めておく必要もあります。猫の動物保険で更に注意が必要なのは、補償外となる病気が何かを把握しておくことです。前述の猫後天性免疫不全症候群などは保険対象外としている保険会社も多いです。

保険に入ってるという安心感が得られ、もしもの時の高額な治療費の負担を軽減できます。あなたもペット保険の加入を検討してみては?